店長のひとりごと(村さ来伏見店)
 
身近な出来事や子供の写真なんかを綴っていこうと思います
 


トミカ&ミニカー

1000万?!

今日何気なく新聞の広告を見ていたら、
トヨタのクラウンのチラシが目に止まりました。
その中でも目に止まったのがこの部分!

¥10,290,000-
T-tune CELSIOR V430-R

日本車でも広告に1000万の価格が出ますか!
限定30台!内容は魅力的ですね。

現実で行くなら日本車ですが、1000万なら、スーパーカー買うかなぁ!?



もう一つ気になるところはここ。
1/30 クラウンプルバックミニカー

トミカなら間違いなく試乗しに行きますね。買えないけど。

ところでこのZERO CROWN。同級生が開発に係わってます。
クラウンって言うとオヤジ臭い車のイメージありましたが、
これなら若いのが乗っても似合うね。まあ買えればね。



Oct.16(Sun)02:46 | Trackback(0) | Comment(0) | トミカ&ミニカー | Admin

ナゴヤハウジングセンター 豊田会場のイベント

10月16日の日曜日、あなたは何してますか?
もし暇なら、ナゴヤハウジングセンター豊田会場のイベントを見に行きませんか?

必見!憧れのスーパーカーがやってくる!

カウンタックがやってきます!
デ・トマソ・パンテーラがやってきます!

スーパーカーの展示・写真撮影会
●イベント広場 ●10:00~16:00

タカラ『クアトロックス』親子レース対戦!
限定チョロQ・パナソニックトヨタF1チョロQ他展示即売
●イベント広場 ●10:00~16:00 ※有料

スーパーカーコレクターグッズの展示
●イベント広場 ●10:00~16:00

スーパーカーコレクターグッズの展示には、
私の集めたトミカや1/43ミニカーも展示させて
いただく予定になってマース!

台風だけが心配ですね・・・。
ちなみに40歳の誕生日だったりします・・・。



Oct.15(Sat)02:44 | Trackback(0) | Comment(0) | トミカ&ミニカー | Admin

ローソン限定 ヤマハバイクコレクションキャンペーン

ヤマハの人気バイクがフィギュアになって登場!
対象缶コーヒー商品についている
ヤマハの人気バイクフィギュアベストセレクション!
割とあっさりフルコンプしました。
ローソン ヤマハバイクコレクションキャンペーン



シークレットは1978 YZR500
ケニー・ロバーツが駆ったセンセーショナルな一台
YAMAHA初代?世界GPマシンYZR500です。
黄色のボディーにストロボカラー懐かしいです。



そしてレアに1985 TECH21 FZR8時間耐久仕様です。
平忠彦選手が乗ってましたね。
シセイドーからTECH21の整髪料も出てましたね。



そしてYAMAHAのバイクを語る上で、絶対外せないのがこのRZ!
RZ350 RZ250とありましたね。350(サンパン)と言えば青い流れ星。街道レーサーGOですよね。ナナハンキラーと呼ばれてました。私はRZ250RRに乗ってましたが、2ストのあの2次曲線的な加速はたまりません!!



Oct.13(Thu)02:37 | Trackback(0) | Comment(2) | トミカ&ミニカー | Admin

10月 アピタ・ユニーオリジナルトミカ

10月発売のアピタ・ユニーオリジナルトミカ
トヨタ2000GTパトロールカー買って来ました。

レジ横に山積みになった2000GTパトロールカー。
よく見ると2000GTだけではなく、何種類かあるではないか!
ついつい全部買ってしまいました。



アピタ ユニーオリジナルトミカ


   トヨタクラウンパトロールカー
   トヨタ2000GTパトロールカー
   トヨタクラウンパトロールカー
            (1971 MS60)



   トヨタクラウン ファイヤーチーフカー
   トヨタクラウン タクシー

よく見りゃクラウンばっかりじゃん!
それもそのはず、このトミカ、トヨタクラウンの50周年を記念して企画されてるんだって!
昔はよく「いつかはクラウン」って言ってましたね。



Oct.6(Thu)02:38 | Trackback(0) | Comment(0) | トミカ&ミニカー | Admin

トミカ D1グランプリシリーズ 6種アソート

D1グランプリシリーズ 6種アソートです。
さてD1グランプリとはなんだか皆さん解かりますか?

D1グランプリとは、ドリフト走行のカッコよさで勝敗を決める競技。ドリフトとは、後輪もしくは4輪を滑らせながら走る走法。また、レースやラリーなどの競技と比べると、勝敗はマシンの性能より、ドライバーの腕に依存するところがはるかに大きく、そのドリフトの腕を競う競技、それがD1グランプリです。



その中で有名な方々が今回の6台。
・今村陽一 A'PEX FD3S・RX-7(白)
・上野高広 T&E JZZ30ソアラ(赤)
・末永正雄 RE雨宮 FD3S・RX-7(水色)
・織戸学 RS★R JZA80スープラ(白)
・ドリフト侍 HPI FC3S(黄)
・植尾勝浩 カーブティククラブ AE86トレノ



しかし、この6台。普通に通常版といっしょに並べると、トミカじゃないみたいな迫力があります。かなり細かい部分までデザインや文字が再現されてますよね。トミカくじ Ⅵ オートサロン も良かったけどこれには負けますね!


Oct.2(Sun)02:02 | Trackback(0) | Comment(0) | トミカ&ミニカー | Admin


(12/21page)
Top 8 9 10 11 >12< 13 14 15 16 17 End